大きいな家

建築家の仕事

緑あふれる豪華な家

建築家とはどういった人を指すか

建築家というのは一級建築士もしくは二級建築士など建築に関する資格を持っている人に限られたことではありません。言ってみれば誰でも名乗ることができるのです。 一級建築士と二級建築士では建築できる建物の制限が異なります。この資格は国家資格で建築学科など専門の学科を卒業し建築業界を既定の期間経験することで受験資格が得られます。試験内容は一般的な建築に関する歴史や知識に関する問題とテーマに沿った建物の設計などにより合否が判断されるのです。ですから建築士の資格を持っているからといって住宅の設計ができるとは限らないのです。 多くの建築家はこうした資格を持ったうえで住宅のデザインから施工管理までを行っています。しかしこれはあくまでもその人の社会的信用の観点からである場合もありこういった資格を持たずして建築家を名乗る人もいますし、そういった人が絶対にセンスがないかといえばそうとも限らないのです。

建築士の資格を持たずに名乗ることも可能

建築家は一種のアーティストとして扱われる場合も多いですが、少なくても住宅建築を行う施主にとって唯一の専門知識を持った見方である必要があるのです。ですからメーカーや工務店などの会社に属している設計担当者などは建築家とは呼べないのです。もちろん勝手に建築家と名乗ることはできますが一般的に定義される建築家はあくまでも施主の立場にたって建物の設計から施工管理を代行できる人間を指します。企業に属している場合はどうしても企業の利益追及の一端を担っていると解釈され建築家とは言えません。 住宅を建築するときに建築家に依頼したい場合などは多くの人が登録している協会などもあるのでそういったところを利用するのも一つの方法です。しかしその人個人の能力には大きな差があるので過去の実績を知ったうえで依頼をしなければなりません。

Copyright © 2015 満足できる住宅を持つためにやるべきこと:自分のリクエストを叶える. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com

このエントリーをはてなブックマークに追加