ひかり電話の申し込み方法を確認【料金を抑えたいなら必見】

固定電話を使うには

スマホを操作する人

契約の権利を取得

自宅に固定電話を設置する場合は、自宅に電話線を引き電話会社と契約をして電話加入権を取得する必要があります。電話加入権は、電話が普及し始めた頃には電話線を住所付近に新しく引くための工事費用も含めて請求されていましたが、現在は電話線がほとんどの住宅地に引かれているため料金が引き下げられています。新規で電話加入権を取得する場合は、設置のために36,000円かかり、契約料金として800円かかるのが一般的です。親族から電話加入権を相続するケースも増えてきており、その場合は名義を変更するのみで契約料金はかからない仕組みになっています。新しく相続で名義を変更するには相続を証明する書類と新しく契約する本人の印鑑が必要です。電話加入権の権利者名を変更すると、電話帳に記載される名義が新たな名前に変更されるので、手続きをして名義変更をした方が便利です。起業した際に会社に固定電話を引くには電話加入権が必要となりますが、ビジネスを円滑に進めるにも会社に固定電話があった方が信用も高いと考えられています。携帯電話やメールアドレスと違い固定電話を持っていると、会社の住所できちんと運営されているという証拠にもなります。また、名刺に会社の電話番号とファックス番号が記載されている事はビジネスを行う上でのマナーとして必須であると考える方も多く、取引を行う上でも電話加入権は重要です。市外局番の番号からはじまる電話番号の取得が出来るのも、電話加入権を購入するメリットであると言えます。

おすすめ記事一覧

レディ

格安SIMで人気です

@モバイルくん。は格安SIMの中でクレジットカードでの支払いだけではなく口座振替も出来るとして評判になっています。料金プランも多くあり多くのプランから自分に合ったプランを選択することが出来るのも人気の理由です。

スマートフォン

海外で安心して通話する

オーストラリアで自分の携帯電話を使用したい場合は、国際ローミングサービスに加入しているか確認しておきましょう。また、料金プランによっては、海外からの通話はかなり高くなることが考えられます。携帯をレンタルすれば、お得に通話できるでしょう。

Copyright© 2017 ひかり電話の申し込み方法を確認【料金を抑えたいなら必見】 All Rights Reserved.